Monorails of Japan website > モノレール国内編 >
モノレール国内編 大阪モノレール
広島高速交通 アストラムライン 6000系

(アストラムライン)

-Astramline-
Automated Guideway Transit [STD] system


1.アストラムライン(Astramline)

アストラムラインは、広島市中心部~市の北西部とを接続するAGT路線として1994年8月20日に開業しました。
路線は中心部に位置する本通駅から広域公園前駅間の18.4kmまで、およそ37分で結びます。
愛称のアストラムラインは「明日」および「トラム(電車)」を組み合わせた造語で、全国からの公募によって決定されました。
また車体にも施されるシンボルカラーのクロムイエローは、「平和、寛大、理想」の意味があり、「国際平和文化都市」を目指す広島のシンボルとしても機能しています。
近年開業したAGT路線では無人運転が一般的となりつつありますが、アストラムラインではワンマン運転を採用しています。

広島高速交通株式会社
営業キロ数 18.4km
鉄道事業法適用区間 0.3km
軌道法適用区間 18.1km

2.延伸計画

アストラムインには既存終点駅の広域公園前駅からJR西広島駅間までを延伸させる「新交通西風都線」計画があります。
2015年6月8日には広島市松井市長によって公式に延伸決定の発表がなされ広域公園前~西広島駅間7.1kmの延伸が実現する事となりました。
ただし、事業着手は平成30年代初頭、事業が本格化するのは平成30年代半ばになるとされている他、事業は段階的に進められるものとされました。
(1)~石内東開発地(石内東開発地までの部分開業:平成30年代後半)
(2)石打東開発地~西広島駅(平成40年代初頭)

アストラムライン 延伸が待たれる広域公園前駅先の軌道末端 
広域公園前(終点)の軌道末端
アストラムライン 広域公園前駅先の軌道末端
広域公園前(終点)の軌道末端 
 アストラムラインは西広島まで延伸される予定
延伸ルートは最終的に西広島までを結ぶ。
 アストラムライン 広域公園前駅
奥方が既存終点駅である広域公園前駅

広域公園前~西広島駅延伸区間においては、構造物の規模縮小によるコスト削減も重要なテーマとされています。
具体的な対策は以下の通り。
(1)基本を単線構造による延伸
(2)6.5%(65‰)勾配区間を採用する事による高架橋高の抑制

3.車両

6000系

01~09編成 株式会社新潟鐵工所
10~16編成 川崎重工業株式会社
17~19編成 三菱重工業株式会社
20~23編成 株式会社新潟鐵工所
24編成 三菱重工業株式会社

営業最高速度 60km/hr
設計最高速度 70km/hr
加速度 3.2km/h/s
減速度 2.5km/h/s
編成長 6両編成
車両定員 286人/編成
編成長(6両) 50.7m
編成重量(6両) 65t
軌間 1700mm
電気方式 750V
制御方式 チョッパ制御
走行輪 ゴムタイヤ(中子式気体入タイヤ)
 
1000系

外観上は6000系とほぼ相違ないものの、
制御方式をVVVFインバータとする。

24編成 三菱重工業株式会社

営業最高速度 60km/hr
設計最高速度 70km/hr
加速度 3.2km/h/s
減速度 2.5km/h/s
編成長 6両編成
車両定員 290人/編成
編成長(6両) 50.7m
編成重量(6両) 65t
軌間 1700mm
電気方式 750V
制御方式 VVVFインバータ
走行輪 ゴムタイヤ(中子式気体入タイヤ)
 アストラムライン6000系の運転台
6000系の運転台
他の鉄道車両と比較するとやや狭い印象。
 アストラムライン6000系の客室の様子
6000系の客室内
走行中は若干の横揺れを感じるものの、
車内は常時快適かつ静かだった。
アストラムライン 6000系 アストラムラインは広島唯一のAGT路線
6000系
 2018年度より車両更新が予定されている

4.路線(駅)

 
本通
県庁前
城北
新白島
白島
牛田
不動院前
祇園新橋北
西原
中筋
古市
    大町
毘沙門台
安東
上安
高取
長楽寺

大原
伴中央
大塚
広域公園前

 本通駅地上部 グリーンムーバー
本通駅地上部
 アストラムライン 本通駅
本通駅地下部
 アストラムライン 本通駅 軌道末端
本通駅軌道末端
本通駅先は南北線建設が計画されている。
アストラムライン 本通駅 軌道末端の様子 
本通駅軌道末端
 アストラムライン 新白島駅
新白島駅で路線は地下より高架線となる。
アストラムラインは新白島駅で地下鉄より高架線に入る 
地下区間および高架区間の接続部分。
 アストラムライン 本社
長楽寺駅付近に設置される車両基地
アストラムライン 長楽寺駅車両基地 
長楽寺駅付近に設置される車両基地
 広域公園前駅軌道末端をホームより見る
広域公園前駅先の入れ替え線および軌道末端。
アストラムライン広域公園前駅軌道末端を地上より見る
広域公園前駅先の軌道末端。
2015年、西広島までの段階的延伸決定が発表された。
広域公園前駅以降は単線による延伸が濃厚となってきた。 
   

 

※AGTは分類上「モノレール」に該当しませんが、両者とも新交通システムという大枠並びに中距離軌道系交通機関である事を鑑みて、モノレール国内編として掲載させていただきました。 


インデックスページへ戻る※新しいウィンドウが開きます。

モノレール国内編へ戻る

モノレール トップへ戻る