モノレール国内編 大阪モノレール
Monorails of Japan website > モノレール国内編 >

インデックスページへ戻る※新しいウィンドウが開きます。

日暮里舎人ライナー

東京都交通局・日暮里舎人ライナー

-nipporitoneriliner-
Automated Guideway Transit system

1.日暮里舎人ライナー

東京都交通局・日暮里舎人ライナーは、日暮里駅~見沼代親水公園駅間9.7kmを結ぶAGT路線。
2008年3月の開業で、AGT営業線としては国内では最後の開業路線となっている。
ピーク時の混雑率は、国内AGT路線でも屈指の高さを誇る事でも知られる。

AGT方式:側方案内方式[標準型]
※AGT : Automated Guideway Transit
開業年月日 2008年3月30日(日暮里駅~見沼代親水公園駅)
営業距離 9.7km
駅数 13駅
起点 日暮里駅
終点 見沼代親水公園駅
電気方式:三相交流 600 V・50 Hz(三線剛体架線方式)
営業最高速度:60km/hr
複単線:複線
日暮里舎人ライナー日暮里駅
日暮里駅外観
日暮里舎人駅の軌道
日暮里駅ホーム上より軌道を見る。

2.営業車両

既存車両営業車両としては、300形、330形および320形の3種類が存在。
300形:新潟トランシス製
330形:三菱重工業製
320形:新潟トランシス製(2017年営業運用開始)
日暮里舎人ライナー300形
300形
日暮里舎人駅に到着する300形
300形(日暮里駅)

※AGTは分類上「モノレール」に該当しませんが、両者とも新交通システムという大枠並びに中距離軌道系交通機関である事を鑑みて、モノレール国内編として掲載させていただきました。


モノレール国内編へ戻る
モノレール トップへ戻る