Monorails of Japan website > モノレールに関する情報ページ >
モノレール国内編
第3新東京市モノレールの概要 エヴァンゲリオン新劇場版
第3新東京市高速鉄道株式会社(第3新東京市 交通局)
・第3新東京市モノレール第2環状線・第3新東京市モノレール南北線
-Neo Tokyo-3 Monorail-

ヱヴァンゲリヲン新劇場版/EVANGELION:2.22 YOU CAN(NOT) ADVANCE.

 

1.ヱヴァンゲリヲン新劇場版 第3新東京市

 第3新東京市は、新世紀エヴァンゲリオンの物語において主人公碇シンジが活動する架空都市の名称。箱根山外輪山内において、主に芦ノ湖北岸(神奈川県足柄下郡箱根町仙石原地籍付近)に位置。それまでの首都「第2新東京市」に代わり、2015年頃に予定される完工を目途に遷都が計画されている。総工費50兆円程度。

 第3新東京市は、使徒迎撃専用要塞都市という用途を担った兵装都市としての一面を持つ。都市部の地下は、巨大な半球形の空洞「ジオフロント」で成されており、ネルフ本部もここに配置される。ジオフロントの正体は、作中において「黒き月」と称されるリリスの卵、リリス同体は作品開始時点において地下最下層に存在している(詳細は作品を参照の事)。

 第3新東京市の内、図中緑色碁盤目状に示される区域を新市街地と称する。新市街地はその下部工を人工地盤の分割プレートで構成されている。この上面に構成されるビル群は使徒襲来時にはジオフロント内に収容され天井都市を形成する。

第3新東京市鉄道路線図
第3新東京市位置と同市モノレール路線図
  
 この様な複雑な構造により、後述する地表面鉄道路線(主に第3新東京市モノレール第2環状線の新市街地区域)はこの市街地を外周する形で路線が形成されているものと推定される(右図参照)。同市には同市を南北に貫き、御殿場および新真鶴を結ぶ南北線というモノレール路線も存在する。

 同第3新東京市モノレール第2環状線の各駅名称は、同作品公式資料で既公開されている(4項・第3新東京市モノレール第2環状線参照)。各駅は箱根地域に実在する名称が用いられているが、いずれもエヴァンゲリオン作中における新市街地外枠を通るルートで名称が付されている。


3.第3新東京市高速鉄道

 第3新東京市高速鉄道(第3新東京市 交通局)は、上述した第3新東京市において市内における公共交通機関の運営を担う会社(組織)の名称。 本項で紹介する第3新東京市モノレール第2環状線および南北線の他に多数の鉄道路線を運営管轄している。
 新世紀エヴァンゲリオンの世界においては、箱根山外輪山内地表面上に形成される第3新東京市およびその地下空間に存在するジオフロントの二段構成の空間配置が成されている。この事から第3新東京市高速鉄道も、この地表面上(第3新東京市)を網羅する路線、地表面上およびジオフロントを接続する路線、ジオフロント内を網羅する路線の3領域における路線網を有する。
 なお、地表面上およびジオフロントを接続する路線については、ドリル線(北線および南線)と称され、半球体を形成するジオフロント上外壁をおよそ周回する形でジオフロントGLに到達する路線とインクライン、カートレイン、ケーブルカー等の傾斜エレベーターまたは傾斜鉄道をベースとする路線の2系統が存在する。

4.第3新東京市モノレール第2環状線

路線名 第3新東京市高速鉄道第2環状線
通称:第3新東京市モノレール第2環状線
運行会社 第3新東京市高速鉄道
第3新東京市 交通局
営業区間 環状線(内回り、外回り)
桃源台中央駅-深良水門-仙石原-金時口-新強羅-元箱根-
営業距離 およそ27km
駅数 20駅(起点終点駅を同一として)
複・単線 複線(内回り外回り)[T1]
モノレール方式 日本跨座式大型/日立製作所[T2]
車両 1000系[T3]
エヴァンゲリオン第3新東京市第2環状線路線図
第3新東京市モノレール第2環状線 路線概略図

第3新東京市モノレール第2環状線
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 /©カラー


第3新東京市モノレール第2環状線 桃源台中央駅
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 /©カラー


 第3新東京市モノレール第2環状線は、第3新東京市高速鉄道が有するモノレール路線で、第3新東京市地表面に配置される。
 路線形状は、桃源台中央駅を起点として、深良水門、仙石原、金時口、新強羅、元箱根および桃源台中央駅を周回する環状ルートとなっており、内回り線と外回り線の2系統が存在する。 深良水門および金時口では、後述する第3新東京市モノレール南北線(御殿場-真舞鶴)と接続、新強羅では箱根登山鉄道およびドリル北線、元箱根ではドリル南線と接続する。

 第3新東京市モノレール第2環状線は、第3新東京市中心市街地のみならず、箱根山外輪山内全域を網羅する大枠の環状路線として運用されている。このため、作品中および関連資料中には登場しないものの、第3新東京市中心市街地のみを外周する第1環状線が存在または計画されているものと推定される。

4-1.1000系車両

車両は、デザイン上、北九州高速鉄道(北九州モノレール)の1000系をベースとしている。基本編成数は4両編成。
第3新東京市モノレール第2環状線のベースとなった北九州モノレール1000系
北九州モノレール1000系車両
第3新東京市モノレール第2環状線のデザインベースとなっている。 
第3新東京市市章 
ヘッドマークには第3新東京市市章が掲載される。
(画像はいちじくの葉を用いたイメージ)




5.第3新東京市モノレール南北線

 

路線名
第3新東京市高速鉄道南北線
通称:第3新東京市モノレール南北線
運行会社 第3新東京市高速鉄道
第3新東京市 交通局
営業区間 新真鶴~第3新東京市~御殿場
営業距離 およそ34km
駅数 不明
複・単線 複線(上下線)[T1]
モノレール方式 日本跨座式大型/日立製作所[T2]
車両 1000系[T4]
第3新東京市モノレール南北線路線図
第3新東京市モノレール南北線 路線概略図

第3新東京市モノレール南北線
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 /©カラー

 第3新東京市モノレール南北線は、御殿場から第3新東京市を介して新真鶴に至るモノレール路線。
 箱根外輪山内(第3新東京市市域内)では、深良水門および金時口で第3新東京市モノレール第2環状線と接続する。

5-1.1000系車両

 車両は、デザイン上、多摩モノレールの1000系をベースとしている。
 作中に登場する第3新東京市モノレール南北線の車両は、7両(※1)および10両(※2)の編成が存在。
 ※1:7両は作中に描写される第3新東京市モノレール南北線の1701F真舞鶴方先頭車両に表記された「1701」より推定(推定詳細は推定ソース[T4]を参照の事)。
 ※2:編成番号は確認できないものの、※1の1701Fとすれ違う編成の実測数より推定。

 第3新東京市モノレール南北線のベースとなった多摩モノレール
多摩モノレール1000系車両
第3新東京市モノレール南北線のデザインベースとなっている。
推定ソース

T1:作中描写より推定。第2環状線は車両前面に内回りの表記がある事から、内回りおよび外回り線の複線と推定。南北線は新御殿場から新真鶴までの営業区間である事から、上り線および下り線の上下複線と推定。
T2:日本跨座式大型/日立製作所・作中(多摩モノレール多摩センター駅軌道末端部および制走堤位地と推定)において、逃し桁付き片渡線関節可とう式転轍器が描写される事より推察(同機構は日立製作所が有する特許)。
[T3]:ベースデザインを北九州モノレール1000系とする事より推定。
[T4]:ベースデザインを多摩モノレール1000系とする事より推定。作中描写においてモノレール車両前面に「1701」の表記がある事から推察。1701が示す事項_一般論_4桁1000は親形式の1000系を示す。3桁700は1000系7両目を示す。2桁01は編成番号を示す。よって、1000系、7両目、01編成を示す(01編成最後尾車両)。該当車両は7両編成である事が推定される。


インデックスページへ
Welcome to mjws! The index page is here.
※新しいウィンドウが開きます。


モノレール国内編へ戻る

サイトトップへ戻る