モノレールメインページへ戻る

北アメリカのモノレール
ドレスデン懸垂鉄道
独語: Schwebebahn Dresden


(c)Shutterstock.com

路線名 Schwebebahn Dresden
開業年月日 1901年
営業距離 延長274m
高さ84m(最大勾配39.2%)
駅数 2駅(丘下-丘上間)
複・単線 複線(単線×2)
平行する各車両は互いにケーブルで接続される。
モノレール方式 懸垂式(オイゲン・ランゲン)
路線概要
 ドレスデン懸垂鉄道は、ドイツ連邦共和国のザクセン州ドレスデンに所在する懸垂式モノレール。
 ブッパータール空中鉄道の開発で知られるカール・オイゲン・ランゲン氏(Carl Eugen Langen 1833-1895)が開発したもう一つの懸垂式モノレールシステム。鋼索鉄道としても分類されるが、懸垂式モノレールのシステムをベースとする。定員数40名の車両が、交互に行き来する平行単線構造。最高速度は2.5m/sとなっている。運営はドレスデン交通企業体 (DVB)が担う。


モノレール海外編トップへ戻るMJWSへ戻る