モノレール海外編サイトトップへ


ジュメイラモノレール
ジュメイラ・モノレール
Palm Jumeirah Monorail
Straddle-beam monorail (ALWEG) system , Hitachi

 
人工島、パーム・ジュメイラ外観
(c)Markus Mainka-AdobeStock

アラブ首長国連邦ドバイに存在する、椰子の木を模ったナキール社の人工島、パーム・ジュメイラを縦断する日立アルウェーグ式(跨座型)モノレール路線。
パーム・ジュメイラと対岸のジュメイラ地区を全長5.4kmで結ぶ。
日立製モノレールとしは初の全自動運転(無人)システムを採用し、日立製作所全体としては車両のほか、車両・電気・運行管理・通信・ホームドアも担当した。
建設工事は2006年3月より開始され日本の丸紅が担当した。
2008年7月に軌道部分が完工し、同年11月より試験走行を開始している。
2009年4月30日に開業を果たしたが、今後ドバイメトロレッドライン(ドバイ・インターネット・シティ駅)まで、2kmの延伸計画がある。

 palmjumeirahmonorail
ジュメイラ・モノレールのイメージパース
 palmjumeirah
人工島 パーム・ジュメイラ



モノレール海外トップ