インデックスページへ移動※新しいウィンドウが開きます。

モノレール海外編
モノレール海外編トップへ戻るメインページへ戻る



Brown line/Bangkok Thailand
タイ/バンコク(MRTブラウンライン)
1.タイ バンコク (モノレール:ゴールドライン)

運営        :MRT
モノレールシステム :跨座型(アルウェーグタイプ)
マニュファクチャラー:ボンバルディア
総延長       :22km(20駅)
複単線       :複線

 タイの首都バンコクでは、2019年現在、3路線にもおよぶモノレールの整備計画が進められている。タイ・マスラピッドトランジットオーソリティ(以下、MRTAと略記)運営によるピンクラインおよびイエローライン)と、バンコク都直営が予定されているゴールドラインの3路線。この内、ピンクラインおよびイエローラインについては、直近2021年の開業に向け順調に建設が進められている。

2019年初頭、これら3路線のモノレール整備計画に続き、バンコクでは4路線目となるMRTAブラウンライン(モノレール路線)の計画が承認目前となっている。

ブラウンラインは、Khae Rai(Nonthaburi地区)からLam Saliを22km20駅で繋ぐ新規路線計画として、PPP(官民パートナーシップ)の下での計画が進められている。整備費用としては総計として483.7億バーツが見込まれており、それぞれの内訳としては、収用費用が72.5億バーツ、建設費が346.7億バーツ、コンサルタント費用が12.5億バーツ、その他の費用が52.0億バーツとなっている。

陸上交通管理委員会(議長:Somkid Jatusripitak副首相)では、2019年1月の会合においてブラウンラインのPPP計画を承認。今後、これらの提案が内閣によって承認されると、MRTAはブラウンラインの設計作業へと駒を進める事となる。さらに交通政策局は今後、バンコクとその周辺地域のマスタープランにブラウンラインを新たに追加する予定。

ブラウンラインの特徴としては、路線的特徴と建設的特徴の2点が挙げられる。

 路線的特徴としては他路線とのリンク路線としての機能を有する。接続他路線としては、パープルライン、ピンクライン、レッドライン、グリーンライン、グレイライン(Watcharaphon - Rama IX Bridge)、イエローライン等となる。

 建設的特徴としては、一部の区間において高速道路との一体的整備が成されるという点が挙げられる。
 高速道路との一体的整備とは、新たに新設される高速道路の支柱を、モノレールの支柱と共用する構造である事を指している。同様の形体を有するモノレール路線として、日本の北九州モノレールが挙げられる。北九州モノレールでは、路線上の中間位置付近(城野〜北方駅間)にて、北九州都市高速道路の支柱とモノレールの支柱とを共用している。

城野〜北方駅間を行く北九州モノレール
上部を北九州市都市高速道路が走る。

北九州モノレール軌道と北九州市都市高速道路
写真は両線の合流点の様子

 MRTブラウンラインは、Nuan Chan〜Kasetsart Universityの区間(下図参照)にて、ノンタブリー〜バンコクを東西に結ぶ北部高速道路の整備計画区間[N2]9.1kmとルートを共用する計画。N2のNとはNorthern Expresswayの頭文字を意味し、N2以西の計画区域をN1、N2以東の計画区間をN3としている。さらに、N2のNawamin intersection〜Prasert-Manukitch Rdを介してMotorway 9 Frontage Rdに至る東西接続線をE-W corridor(下図にてEWと略記)と称し、N2の整備時に合わせて建設が行われる。MRTブラウンラインの建設においては、上記に示すN2およびEWの建設がセットで実施される事となる。なお、N2区間のインフラ工事では、既に下部支柱部分の工事が完了しており、現地またはGooglemap等でもこの様子を確認する事ができる。

 
タイ バンコク MRTブラウンライン 路線概略図

ブラウンラインはこれらの特徴の代償として、他のリンク路線の建設に沿って整備されていく事、高速道路との一体整備が必要となる事から、建設するのに少なくとも3年程度掛る事が想定されている。


モノレール海外編メインページ戻る

モノレール トップへ戻る