インデックスページへ移動※新しいウィンドウが開きます。

モノレール海外編
モノレール海外編トップへ戻るメインページへ戻る


タイメトロピンクライン
Pink line/Bangkok Thailand
タイ/バンコク (MRTピンクライン)
1.タイ バンコク MRT(モノレール:ピンクライン)

2017年6月1日、BTSグループ会長のKeeree Kanjanapas氏は、同グループを中心とする共同事業体BSRがバンコクに建設が計画されるモノレール(ピンクラインおよびイエローライン)の契約を6月16日に締結すると発表しました。

ピンクライン(モノレールプロジェクト)は、Khae Rai(ケイライ)からMin Buri(ミンブリ)を結ぶ跨座式モノレール路線。
同モノレールの計画は、5月30日にタイ政府(内閣閣議)によって建設が承認されました。
建設には39ヶ月の工期が必要で、プロジェクト全体が生み出す雇用は6000〜10000にのぼるとみらています。
(最速ベースで2021年度頃の完工が想定される。)

プロジェクトは今後計画を政府に提案した後、1年以内に環境影響評価を行う事となります。

モノレール路線は、MRT(MassRapidTransit:運営はバンコクメトロ社)が運営するバンコクの鉄道路線網の一部として計画されている。
MRTおよびバンコクメトロ社は、タイの首都バンコク首都圏の地下鉄路線網を運行している組織。

 タイピンクライン公式サイト  公式サイト
https://www.mrta.co.th/pinkline/index.html

2.MRTピンクライン

ピンクラインは全長34.5km、駅数30で計画されるMRTのモノレール路線です。
ピンクラインのモノレール路線計画は、バンコク首都圏の大量高速輸送マスタープランの内の一つに数えられています。
市の北部に位置するミンブリ地区よりノンタブリシビックセンターまでを繋ぎ、主にバンコク北部の旅行需要と通勤需要に対応する事が期待されています。

マニュファクチャラー:
運営        :MRT
モノレールシステム :跨座型(アルウェーグタイプ)
開業予定      :2021年〜(想定)
総延長       :34.5km(30駅)
複単線       :複線
開業区間      :-


3.概要 4.計画駅番号-計画駅名称
ピンクラインの建設は当初2014年度を予定していました。
しかし2013年度第3四半期予定の公募は延期されています。(2014年5月の軍事政権クーデター)

ルート上には30の駅が配置される予定で、駅構造は基本高架構造タイプとなる予定です。
駅舎には、エスカレーター、エレベーター、トイレおよび身障者用設備が整えられる計画となっています。
軌道桁標準長は25mでPC軌道桁を採用します。(鋼軌道桁の場合は、支間長25 m以上のスパンに対応)
また一部の駅は、既存のMRT等の路線と接続される予定となっています。
モノレール車両は3〜4両編成、750ボルト直流車両が採用されます。
上記システムおよび車両の導入によって、1時間あたり30,000人以上の乗客容量を確保する予定です。
プロジェクトの費用は567億2500万バーツから成ると推定されています。
Pk1 Nonthaburi Civic Center
Pk2 Khae Rai
Pk3 Sanam Bin Nam
Pk4 Samakkhi
Pk5 Chonlaprathan
Pk6 Pak Kret
Pk7 Liang Mueang Pak Kret
Pk8 Chaeng Wattana-Pak Kret 28
Pk9 Mueang Thong Thani
Pk10 Si Rat
Pk11 Mongkut Watthana
Pk12 Bangkok Government Complex
Pk13 TOT & MICT
Pk14 Lak Si
Pk15 Phranakhon Rajabhat
Pk16 Wongwian Lak Si
Pk17 Ram Inthra 3
Pk18 Lat Pla Khao
Pk19 Ram Inthra 31
Pk20 Raminthra Government Housing
Pk21 Watcharaphon
Pk22 Ram Inthra 40
Pk23 Nawamin
Pk24 Ram Inthra 83
Pk25 Khan Na Yao
Pk26 Siam Park City
Pk27 Bang Chan
Pk28 Setthabut Bamphen
Pk29 Sihaburanukit
Pk30 Min Buri


モノレール海外編メインページ戻る

モノレール トップへ戻る