インデックスページへ戻る※新しいウィンドウが開きます。

モノレール 海外編 KLモノレール
モノレール海外編 トップへ戻るモノレール メインページへ戻る

東アジアのモノレール 重慶モノレール

蕪湖軌道交通1号線
中華人民共和国_蕪湖市

INNOVIA Monorail 300 System・CITYFLO 650自動列車制御
/PBTS(Bombardier Transportation&CRRC)

   

社名 蕪湖軌道交通
中文:芜湖轨道交通
英文:Wuhu Yunda Rail Transit Co.、Ltd.
路線名 蕪湖軌道交通1号線
(路線カラー:レッド)
開業年月日 2020年1月1日予定
営業距離 30.375km
駅数 全25駅(以下は中文表記駅名)
白马山駅-弋江駅-珩琅山路駅-峨山路駅-大工山路駅-红花山路駅-利民路駅-环城北路駅-北京路駅-中山北路駅-赭山公园駅-赤铸山路駅-天门山路駅-方特欢乐世界駅-齐落山路駅-武夷山路駅-裕安路駅-港湾路駅-鞍山路駅-龙山路駅-衡山路駅-太湖路駅-华山路駅-保顺路駅
車両基地:白马山车辆段、宝顺路车辆段
※全駅高架構造
複・単線 複線
モノレール方式 跨座式
INNOVIA Monorail 300 System
CITYFLO 650自動列車制御
編成:5両編成
最高速度:80km/h

蕪湖軌道交通向けINNOVIA Monorail 300
(c)www.sohu.com
http://www.sohu.com/a/270569453_564294

 
1.蕪湖市軌道交通

 中華人民共和国西部安徽省に位置する蕪湖市。長江と青弋江が合流する地でも知られ、市内全域において河川や湖水などが網の目のように分布する。

 この蕪湖市の地にモノレール導入が決定されていく事となる紙面発端が、2015年12月、国家発展改革委員会によって示された「蕪湖市鉄道輸送の建設計画(2016年- 2020年)」。

 同計画は翌1996年2月に国務院によって正式に承認される運びとなり、蕪湖軌道交通1号線30.4kmおよび2号線1期区間16.246kmがモノレールで建設される事となっていった。

 工事は1996年12月24日、蕪湖軌道交通2号線の車両基地付帯駅となる梦溪路の開工によって開始された。現在、蕪湖軌道交通1号線30.4kmおよび2号線1期区間16.246km共に2020年1月1日の開業を目指し工事が進められている。

 なお、蕪湖軌道交通3号線は地下鉄(2条軌鉄道、軌間1,435mm、15駅、全長19.3kmでの建設が予定されており、開工2019年12月、竣工2022年12月として計画が進められている。また、2号線2期区間末端に接続が計画される蕪湖軌道交通4号線についても、ルートの詳細は未定ながら、2025年末の開業を目指し計画が進められている。


蕪湖軌道交通1&2号線概略図
2.蕪湖軌道交通1号線

 蕪湖軌道交通1号線のルートは、ほぼ全線において長江に並行する形状を配している。市北部の工業都市から南下し、市中央エリア、南部文教区に至る全長30.375km25駅の計画で整備が進められている。

 平行して建設が進められる蕪湖軌道交通2号線と合わせると、蕪湖市では2020年代に47km近い「10」字型の鉄道網が完成する事となる。両路線の輸送人員は1日当たり24万人と見積もられる。

設置される駅舎は以下の通り。

表.蕪湖軌道交通1号線設置駅
駅名称 駅構造・備考
保顺路站 高架駅
 付帯設備:保顺停車場
华山路站
太湖路站
衡山路站
龙山路站
鞍山路站
港湾路站
裕安路站
武夷山路站
齐落山路站
方特欢乐世界站
天门山路站
赤铸山路站
赭山公园站
中山北路站
高架駅
北京路站 高架駅
2号線接続
环城北路站
利民路站
红花山路站
大工山路站
峨山路站
 
珩琅山路站 高架駅
3号線接続駅
弋江站 高架駅
3号線接続駅
白马山站 高架駅
 付帯設備:白马山車両基地

3.モノレールシステム

蕪湖軌道交通1号線2号線共に、採用されるモノレールシステムはボンバルディア・トランスポーテーション(Bombardier Transportation)のINNOVIA Monorail 300 System およびCITYFLO 650自動列車制御システムとなっている。導入はBombardier TransportationおよびCRRCのJVであるPBTSが行う。基本運用は5両編成での計画。設計最高速度は時速80km/hとなっている。
 
蕪湖軌道交通1号線路線図

モノレール海外編メインページへ戻るサイトトップへ戻る