モノレールに関するトピックス・ニュース
-2018年度-

 
2020.2.6

韓国コンソーシアムが
パナマメトロ3号線建設を契約落札


パナマ共和国の公共調達局は、パナマメトロ3号線の入札において、韓国のHyundai Engineering&ConstructionとPosco E&C のHPHジョイントベンチャーコンソーシアムが最高得点を獲得した事を発表した。合計スコアは893ポイントだった。契約額は、メトロ3号線の設計、建設等を含めた20億7,700万ドルとなっている。

3号線は全長26.7kmのモノレール路線で、アルブルックからシウダーデルフトゥーロまでを結ぶ計画。ピーク時の輸送能力は時間方向当たり20,000人を計画する。同線のプロジェクトにおいては2018年、パナマメトロおよび日立、アンサルドSTS、三菱との間で、信号システム、通信システム、電力システムの供給、および6両編成の28両の納車について合意に達している。


パナマメトロ3号線車両 (c)Republic of Panama
 パナマモノレールの計画ルート
パナマ首都圏3号線モノレール整備事業 計画ルート
(国際協力機構 案件概要書-2013.2.26-)

サイト内関連リンク:モノレール海外編パナマモノレールモノレール海外編



モノレールウェブサイトジャパントップへ戻る
- mjws.org サイトトップへ戻る -

上部にリンクインデックスが表示されない場合はお手数ですが、
こちら をクリックして下さい。
Welcome to mjws!The index page is here.↑


スポンサーリンク