モノレール海外編サイトトップへ


ディズニーランド
Disneyland (California)
straddle-beam Monorail(Disney-ALWEG)system

1.ディズニーランドモノレール

1959年6月14日開業
全長3.7km
1路線2駅
速度 48 km/h
運用車両 ディズニーアルウェーグ型(MarkⅠ~Ⅲ、ⅤおよびⅦ(現在))
(レッド、ブルーおよびオレンジの車両が運用中)

2.概要

アメリカ・カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランド・リゾート(DLR)内を走るモノレール路線。
ダウンタウンディズニー駅~トゥモローランド駅間を3.7kmで結びます。

ディズニーランドのモノレールは、世界初のアルウェーグ式モノレール路線として周知されています。
今日、日本国内にも広く普及しているアルウェーグ式モノレールですが、実はその始まりがこのディズニーランドのモノレールである事までは知られていません。

「アルウェーグ (ALWEG)」とは、アルウェーグ式モノレールの創設者であるアクセルレナートウェナーグレン博士の頭文字から取られています。
彼は第二次世界大戦後、モノレールシステムの開発事業を手掛けました。
西ドイツのケルン市郊外「Fuehlingen」にモノレール試験線を設け(1957年7月)、世界へ向けコマーシャルを行いました。
これらのモノレールシステムは当時、ディズニーランド内への移動設備を模索していたウォルトディズニーの目に留まる事となります。
翌1958年、ウォルトディズニーとアルウェーグ社は共同で、ディズニーランド導入用のモノレールを試作、1959年6月14日に小スケールでのモノレールシステム、ディズニーランドモノレールが開業する事となりました。

アルウェーグ社はその後もモノレールのコマーシャル活動を続け、日本国内へは後に帝国ホテル犬丸社長、日立製作所、名古屋鉄道の手によって、名古屋鉄道犬山遊園線としてアルウェーグ式モノレールが導入される事となりました。
犬山遊園線ではアルウェーグ式モノレールの試験データが多岐に渡り取得されました。
日本グループはその後、新橋~羽田空港間における軌道系交通機関にこのアルウェーグ式モノレールの導入を決め、現在の東京モノレールとして開業させる事となります。

サイト内関連リンク:
ウォルトディズニーワールドモノレール(フロリダ)


モノレール海外トップ