※新しいウィンドウが開きます。

東京モノレールの工作車
東京モノレール ディーゼル普通工作車DE-41について


1.東京モノレール 工作車 DE-41

国内においても最も早い時期に開業に至った東京モノレールでは、実に様々なタイプの工作車を保有しています。特に同社路線は、海上および地下区間を多数配しており他の路線において地上よりアプローチする作業も専用の工作車を用いる事で対応しています。具体的には普通工作車と呼ばれる多機能作業車の他に、牽引機能に特化する牽引工作車や、軌道検測に特化する測定台車等が挙げられます。当ページはこの内、普通工作車 DE-41の画像を紹介します。

東京モノレール 工作車 DE-41
種別:普通工作車
動力:ディーゼルエンジン 12000cc
取得年月日:1992年9月
全長:11440mm(11.44m)
最高速度:45km/h
牽引力(水平時):2600kg
製造メーカー:新潟鉄工所
運用:モノレ―ルエンジニアリング株式会社

東京モノレール社では一般型式となる普通ディーゼルエンジン駆動の工作車。同社では最大保有数の型式工作車となる。種別番号のDEはディーゼルの意(対するバッテリー車種別番号にはMBが付く)。
東京モノレー普通工作車DE-41外観
東京モノレールディーゼル普通工作車 東京モノレール工作車
東京モノレール普通工作車DE-41側面 東京モノレール ディーゼル普通工作車DE-41とクレーン車


工作車トップへ
モノレールジャパンサイトトップへ