小型モノレール(小型-国内編)

1.小型モノレール

本項では国内外において「小型」と称される、または分類されるモノレールについて紹介します。
モノレールというシステム全体を見渡した場合、この「小型」という言葉の定義はとても曖昧で、旅客輸送という面に据え置いても、その容量は大中小多岐に渡ります。
そこで、ここでは日立製作所が提案する小型のアルウェーグモノレールシステム「SMARTRUN」をベースとして、旅客容量が同システムにおける4両編成を基準とした場合の194名程度以下〜最小スケールのモノレールについて紹介させていただきます。
各国のマニュファクチャラーにおいては、システム上4両編成を設けていない製品およびパッケージもございますので、上述した基準はあくまでも仮値として示してございます。
2.マニュファクチャラー別における小型モノレールシステムの一覧

2-1.小型モノレールメーカー概要

2-1-2.日立製作所(SMARTRUN)

 モノレールシステムマニュファクチャラーとして世界のトップを走り続ける日立製作所。
 この日立製作所が新たな小中輸送規模向けに提案するのが、同社のモノレールシステムにおいて小型と位置づけられるアルウェーグモノレールシステムの「SMARTRUN」。
 現在運行している路線としては、シンガポールは本島とセントーサ島とを結ぶセントーサエクスプレスが存在します。
 日立製作所は長年、国内外における中量輸送規模需要に対応した大型および中型のモノレールシステムを手掛けてきました。しかしながら、大型や中型の日立アルウェーグ式モノレールでは、導入を検討する国および地域によっては、旅客需要に対して容量が過剰すぎる場合もありました。そこで、それら小中規模向けに考え出されたのが、この小型モノレールシステムというわけです。
 日立製作所モノレールシステム一覧

●Hitachi「SMARTRUN」運行路線
Sentosa Express Sentosa/Singapore

2-1-3.INTAMIN

 現在、小型モノレールシステムでは世界トップシェアを誇るINTAMIN社。
 INTAMIN社といえばジェットコースター等の遊具システムのメーカーとしても有名で、遊園地に足を運ぶ方は、知らず知らずのうちに既にお世話になっているかもしれません。
 モノレールシステムはINTAMINトランスポーテーションが販売を手掛けており、営業を続ける既存路線、さらには新規建設中の路線も世界中に多数存在します。
 代表的なモノレールシステムに、「P6」、「P30」、「P35」等があります。
(読:INTAMIN=インタミン)

●INTAMIN TRANSPORTATION運行路線
・RIVERS MONORAIL Port Harcout/NIGERIA
・TEST PLANT MOSCOW/RUSSIA
・MOSCOW/RUSSIA
・Marconi Express Bologna/ITALY
・Olympic Monorail for 2017 Asian Games Ashgabat/トルクメニスタン
・歓楽幹線 Xian/China
・世界の窓モノレール Xian/China
・Calabar/NIGERIA
・Nigbo/China
・Da Nang/Vietnam
・Shenzen/China
・Hamburg/Germany
P30 Monorail Intamin
「P30」 (c)Intamin

2-1-4.VONROLL

 現在は廃止および撤去されてしまったものの、オーストラリアはシドニーで長く運行を続けていた小型モノレールといえば知る人も多いモノレールシステム。(読:VONROLL=フォンロール)

(c)sourabhj- stock.adobe.com
シドニーモノレール (Sydney Monorail )

(c)virsuziglis- stock.adobe.com
シドニーモノレール廃線後の駅舎の様子

●Von Roll運行路線

2-1-5.宇進産電(Woojin)

 
 韓国は宇進産電(Woojin)社が提案する小型モノレールシステム「SMART Monorail」。
 バスと軽電鉄の中間の輸送力を持つ小型輸送手段、都心とレジャースポットの乗客輸送用に開発された。
 主要部品の100%を韓国産でまかなっている。
Woojin SMART Monorail
「SMART Monorail」 (c)Woojin

2-1-6.嘉穂製作所

 
 日本が誇る小型モノレールメーカー「嘉穂製作所」。福岡県は嘉穂に本社を置き、特に国内では小型モノレールの代表的マニュファクチャラーとして知られています。設置される運行元によっては「スロープカー」という名称で示されている場合もあります。
 代表的な製品に、上述した「嘉穂スロープカー」が挙げられます。

●嘉穂製作所モノレールシステム運行路線
 該当路線数多数のため 省略
嘉穂製作所スロープカー
「スロープカー」嘉穂製作所

2-1-7.その他:みかん山モノレール

 みかん生産農家が使用するいわゆる「みかん山モノレール」は、その名の通りみかん等の農作物を運搬するために開発された傾斜地登坂用のモノレール。基本的にはレール下部に設けられたラックを噛む事で超傾斜地を登坂できる能力を有した小型輸送農機を指します。一部では貨車部分を人員輸送貨車に換装した観光輸送用としてこのシステムを用いている場合もあります。

2-2.各小型モノレールメーカー詳細







3.路線別概要紹介

 以下に小型モノレールに分類されるモノレールシステムを用いる運行会社を紹介します。









4.その他
 


モノレールウェブサイトジャパントップへ戻る
- mjws.org サイトトップへ戻る -
上部にリンクインデックスが表示されない場合はお手数ですが、
こちら インデックスページへ戻るをクリックして下さい。