※新しいウィンドウが開きます。

「 軌道作業車 作01〜04 」
 千葉都市モノレール

 
当時中学生だった、まるたく少年は学校指定のカバンを背負って一人で千葉へ、
そして千葉都市モノレール株式会社の門を叩いたのでした。
 
 
対応してくれた担当の方に、基地内を案内して頂きました。
 
基地内の写真は「千葉都市モノレールのページ」へ。ここでは作01〜04を写真で紹介。
 
作(北九州モノレールで言うところの工作車)02の運転台。
 
 
「作04」 昇降台が装備されています。
 
 
昇降台。
 
建築限界測定車です、当然ですが懸垂式なのでぶら下がっています、不思議な感じですね。
   
 
懸垂式モノレールにおいては、下のボディより重要な作業場所がここ。
軌道がレール内部に覆われる懸垂式ならではの工作車です。
 
 
保線に従事する作業員が巻き込まれないよう、
走行輪、案内輪共に厳重なカバーで覆われています。
 
 
本線へ向かうレール、この場所から毎夜、乗客の安全を
守るため、工作車と保線作業員の方々は出動しているのですね。