モノレールジャパンインデックスページWelcome to mjws!The index page is here.
モノレール国内編 ゆいレールてだこ浦西延伸
ゆいレールてだこ浦西延伸 概要ページ

沖縄都市モノレール「ゆいレール」てだこ浦西延伸

延伸ルート概要と工事進捗状況紹介のページ

ゆいレールてだこ浦西延伸に関する概要ページ
写真 首里駅東側に立つモノレール軌道および車止め

 

1.沖縄都市モノレール「ゆいレール」てだこ浦西延伸

沖縄都市モノレール 通称「ゆいレール」は、起点となる那覇空港駅から終点の首里駅まで12.9km、15の駅を繋ぐ都市モノレールです。既存の営業線(沖縄都市モノレール線)は2003年8月10日に開業を果し、市県民の生活にとって、無くてはならない交通手段となっています。

ゆいレールには、既存の営業線が建設された当時より首里駅以降、沖縄自動車道付近までの延伸計画が存在しました。2008年にはルート選定協議会によって延伸ルートの選定結果が示され、翌2009年からは具体的な調査に入る事となりました。2011年8月、既存営業線の終点である首里駅から当時仮称であった浦西駅までの軌道特許を取得。翌2012年1月25日に認可され、建設工事に着手する事となりました。延伸ルート終点となる「浦西駅(現:てだこ浦西駅)」までの延伸距離は4.1kmで、全4駅を新設する計画となっています。
 ゆいレール延伸ルート図
ゆいレール首里駅〜てだこ浦西駅延伸部ルート図

スポンサー リンク 
 

2.ゆいレール延伸区間建設進捗

沖縄都市モノレール「ゆいレール」てだこ浦西延伸区間における建設工事の進捗状況は、以下バナーよりお進み下さい。

ゆいレールてだこ浦西延伸に関するアーカイブ



ゆいレール延伸ルート散策2017年9月
ゆいレール延伸ルート散策2017年9月ダイジェスト版
ゆいレールPC軌道桁製作場の様子2017年9月
ゆいレール延伸ルート散策2017年9月首里駅から石嶺駅
ゆいレール延伸ルート散策2017年9月石嶺駅から経塚駅
ゆいレール延伸ルート散策2017年9月経塚駅から浦添前田駅
ゆいレール延伸ルート散策2017年9月てだこ浦西駅
沖縄都市モノレール鋼軌道桁設置作業2017年9月

ゆいレール(沖縄都市モノレール)の延伸部建設状況2017年3月現在
ゆいレール延伸ルートを歩く2017年3月
ゆいレール延伸 PC軌道桁搬出の様子
ゆいレール延伸部 PC軌道桁設置作業の様子

ゆいレール(沖縄都市モノレール)の延伸部建設状況2015年10月現在
ゆいレール延伸ルート散策 2015年10月その1
ゆいレール延伸ルート散策 2015年10月その2

ゆいレール延伸ルート散策2014年11月現在
ゆいレール延伸ルート散策 2014年11月

ゆいレール延伸関連進捗全記事について、以下バナー(過去記事倉庫)に収納しております。
ゆいレール延伸ルート散策全タイトル
ゆいレール琉球大延伸

3.ゆいレール延伸部モノレール専用道と都市計画道路

沖縄都市モノレール「ゆいレール」は、いわゆる都市モノレールに分類されます。
よって、延伸ルートはいずれも以下に示す都市計画道路によって整備されます。

(1)首里駅〜石嶺駅〜経塚駅付近
都市計画道路3・3・17号
(2)〜経塚駅
都市計画道路3・2・浦1号沢岻(タクシ)石嶺線
(3)経塚駅〜
都市計画道路3・3・16号国際センター線
(4)経塚〜浦添前田駅〜
都市計画道路3・4・54号城間前田線
(5)浦添前田駅〜てだこ浦西駅〜
都市計画道路3・2・14号浦添西原線
ゆいレール延伸区間が帰属する都市計画道路
ゆいレール延伸区間が帰属する都市計画道路

4.ゆいレール延伸区間新設駅

ゆいレールの延伸区間において新設される駅は計4箇所。
既存終点駅である「首里駅」より新たな終点となる「てだこ浦西駅」までの延伸長は4.1kmとなっています。
2017年現在、駅舎を含め延伸区間全線における建設工事が進められており、延伸部までの全線開業は2019年が予定されています。
(1)首里駅
2面2線相対式 高架駅
既存の終点駅となる「首里駅」、駅構造は2面2線の高架式となっています。
既存営業路線が建設される当時から、将来の石嶺方向への延伸を考慮した軌道末端部構造となっていました。
首里駅先のゆいれーる延伸部
""
首里駅先汀良交差点より見たゆいレール延伸部
(2017.9月の状況)
首里駅先のゆいレール延伸区間
""
(2017.3月の状況)
(2)石嶺駅
1面2線島式 高架駅
石嶺団地の最寄となる石嶺駅は、那覇市の要望によって先行開業さえも検討された主要駅と位置付けられます。
若干の丘上部に位置する石嶺交差点付近に駅舎が設置される予定です。
駅前後は那覇市道である都市計画道路3・3・17号に沿って軌道が設置されます。
ゆいレール延伸新駅 石嶺駅
""
ゆいレール石嶺駅 2017.9.12現在の様子
ゆいレール延伸部 石嶺駅 
""
ゆいレール石嶺駅 2017.3.18現在の様子
(3)経塚駅
1面2線島式 高架駅
都市計画道路3・2・浦1号沢岻石嶺線石嶺交差点より切谷部を介して3・3・16号国際センター線に入ったゆいレール延伸ルートは、西方に向きを変えた直後に「経塚駅」に到達します。「経塚駅」を出たモノレール延伸ルートは、直後に待ち構える「前田トンネル」丘上部を越えるため、トンネル全後で50〜60‰程度の勾配を昇降する事となります。以降「浦添前田駅」付近までは都市計画道路3・3・16号国際センター線を北に進みます。
ゆいレール延伸新駅 経塚駅
""
ゆいレール経塚駅 2017.9.12現在の様子
ゆいレール延伸部 経塚駅
""
ゆいレール経塚駅 2017.3.18現在の様子
(4)浦添前田駅
1面2線島式 高架駅
首里駅よりみて、都市計画道路3・3・16号国際センター線から3・4・54号城間前田線へ西方に向きを変えたゆいレール延伸ルートは、直ぐに第三の新設中間駅となる「浦添前田駅」に到達します。モノレールの軌道ルートは、浦添警察署対角線上び内側スペースを横断した後、都市計画道路3・4・54号城間前田線直上に到達し、浦添前田駅の駅舎が設置される予定となっています。
ゆいレール延伸新駅 浦添前田駅
""
ゆいレール浦添前田駅 2017.9.12現在の様子
ゆいレール延伸部 浦添前田駅
""
ゆいレール浦添前田駅 2017.3.18現在の様子
(5)てだこ浦西駅
1面2線島式 高架駅
ゆいレールの延伸区間の終点駅となる「てだこ浦西駅」。
駅周辺はモノレールの延伸と合わせた再開発によって、大きく様変わりする事となります。
また「てだこ浦西駅」東側には沖縄自動車道が垂直に走っており、モノレールの延伸部開業と合わせてスマートインターチェンジ(幸地IC)およびパーク&ライド(てだこ浦西駅北側)が新設される予定です。
現段階では計画自体未定ではあるものの、ゆいレールには「てだこ浦西駅」以降の延伸構想も存在します。
モノレール軌道桁末端部は、延伸が決定した場合でも沖縄自動車道上を十分に越道できる高さが保持されています。
ゆいレール延伸新駅 てだこ浦西駅
""
ゆいレールてだこ浦西駅 2017.9.13現在の様子
ゆいレール延伸部 てだこ浦西駅
""
ゆいレールてだこ浦西駅 2017.3.18現在の様子
 ゆいレール延伸ルート最終駅「てだこ浦西駅」周辺の都市計画図
ゆいレール延伸ルート最終駅「てだこ浦西駅」周辺の都市計画図
(6)てだこ浦西駅-浦西分岐
なお、ゆいレールの新たな終点となる「てだこ浦西駅」には、駅舎より首里駅方向側に新たな分岐器橋およびモノレール分岐器が設置されます。浦添前田〜てだこ浦西駅間に位置するトンネル区間の「てだこ浦西駅」側トンネル出口付近より、「てだこ浦西駅」手前に位置するクロソイド曲線手前までの位置が、モノレール分岐橋として建設される予定です。
ゆいレール延伸ルート浦西分岐
浦西分岐
2017年3月現在、分岐橋の下部工事が行われている。


5.ゆいレール延伸区間現在状況

ゆいレールの延伸区間の現在の状況を以下に示します。
5-1.延伸区間の様子
(1)2017年3月
ゆいレール延伸区間の2017年3月現在の様子
首里駅先の軌道末端部(汀良交差点)より延伸ルート方向を見る。
写真でも分かるとおり、既に交差点北側まで延伸部の支柱および軌道桁設置が完了していた。 
 ゆいレール延伸区間に設置されるPC軌道桁
首里駅〜石嶺駅間では毎夜PC軌道桁の設置作業が行われている。
 ゆいレール延伸区間経塚駅
経塚駅も形が見えてきた。
浦添前田駅付近のゆいレール延伸工事の様子
経塚先の延伸区間についても、すでに多くのPC軌道桁が設置済となっていた。 
 ゆいレール延伸区間浦添前田駅
浦添前田駅では、駅舎支柱の建設と並行して駅前広場の整備が進められる。
 ゆいレール延伸トンネル区間
浦添前田駅後にはゆいレール初となるトンネル区間が待ち構える。
写真は浦添前田駅側より地下区間に突入する侵入部分。
 ゆいレール延伸区間分岐橋
てだこ浦西駅手前に設置される分岐橋および分岐器部については、現在橋の下部工事が進められている。
ゆいレール延伸区間てだこ浦西駅
てだこ浦西駅では軌道末端部の支柱は完工。
浦添前田駅と接続するトンネル区間も現在工事が進められている。 
(2)2015年10月 
 ゆいレール延伸ルート支柱工事の様子
一昨年訪問時は手前4本の支柱工事が進んでいたが、今では数十本におよぶ支柱が連立している。(写真左)
 ゆいレール延伸ルート支柱工事
首里駅〜石嶺駅間の支柱工事も本格化している。(2015.10撮影)
5-2.PC軌道桁制作場整備 
 ゆいレール延伸区間用PC軌道桁制作場整備
建設が進む、PC軌道桁制作場(2015.10撮影)
 ゆいレール延伸区間用PC軌道桁制作場モールド場
モールド型枠となる部位
5-3.運営基地拡張工事 
 ゆいレール延伸区間用運営基地拡張工事
拡張工事が進む沖縄都市モノレール運営基地(2015.10撮影)
基地内にてPC軌道桁を製作し、設置が進む。
 ゆいレール延伸区間用運営基地拡張工事の様子
訪問時は既に車止めが設置されていた。
2015年11月には、早くも1編成が増備される。
 


沖縄都市モノレール線(ゆいレール)は2013年より、首里駅からてだこ浦西(浦添市)に至る約4.1kmの延伸区間の工事に着手しました。
延伸区間は、2019年春の開業を予定しています。
途中駅は首里方面より4駅を新設する予定となっています。
駅名は仮称として首里駅より、石嶺、経塚、前田、浦西となっていたが、経塚駅を除いて2014年度には以下のように正式決定しました。
@石嶺駅 A経塚駅(仮称) B浦添前田 Cてだこ浦西(延伸区間終点)

延伸工事全体については、大きく大別して以下区間で着工または計画されています。

@市道石嶺線(中間石嶺駅建設)
A市道沖縄都市センター線(中間経塚駅建設)
B県道城間前田線(中間前田駅建設)
C県道浦添西原線
(-終点てだこ浦西駅建設)

6.ゆいレールてだこ浦西以東北(琉大方向)延伸について

2017年現在、駅舎を含めてだこ浦西駅までの延伸区間全域において建設工事が進められるゆいレール。
当初計画では西原地区(現駅名称:てだこ浦西)までの路線が全体構想として計画され、今回の延伸開業を持ってこれが完遂される事となります。

しかしながら、都市圏渋滞の解消や都市開発に至るまで、これを「ゆいレール」に期待する状況は継続しています。
新たな終点となる「てだこ浦西駅」以東直近には、キリスト教学院大学をはじめ、琉大病院、琉球大学等主要文教区域が配置されています。
ゆいレールについても、この区域への次期延伸が期待されている様です。

 ゆいレール宜野湾延伸ルート
ゆいレールの次期延伸は琉大方向か果たして。

ゆいレールは都市モノレールとして建設が進められる事から、気になるのは帰属するベース道路の存在。
てだこ浦西駅までは3・2・14浦添西原線に付帯してきたゆいレール軌道も、沖縄自動車道越道直後の坂田交差点でこの帰属が終了。

以降、琉大方向へ向かうと仮定すると現行29号線(都市計画道路名:3・2・16翁長上原線)を東進する必須が生じます。
2017年現在、29号線(都市計画道路名:3・2・16翁長上原線)は坂田交差点上原間2.2kmで4車線化工事が進められている状況となっています。
規模的にも30m級(3)道路として整備される計画で、都市モノレール(ゆいレール)の帰属道路としても十分なサイズとなります。

将来的にゆいレール軌道が配置される可能性もなきにしもあらずな雰囲気です。


沖縄都市モノレール琉球大学方向延伸部
29号線(都市計画道路名:3・2・16翁長上原線)の現在状況

【参考文献・出典】

都市モノレール延伸・利活用に関するシンポジュウム
沖縄における都市モノレールの更なる発展を考える
-沖縄都市モノレール将来構想研究会
モノレール No.130:2016/(日本モノレール協会機関紙)/日本モノレール協会

モノレールプロジェクトの現状と展望
-一般社団法人 日本モノレール協会
モノレール No.130:2016/(日本モノレール協会機関紙)/日本モノレール協会



スポンサーサイト



ゆいレールトップへ移動する
モノレール国内編トップ
モノレールジャパントップへ戻る


モノレールジャパンインデックスページWelcome to mjws!The index page is here.